当社は、個人情報および特定個人情報(以下「個人情報等」という。)の厳格な保護を重大な社会的責任と認識し、個人情報等の適正な取り扱いの確保について組織として取り組むため、以下の方針に基づき個人情報等の取得、管理を適正に行います。

(利用目的の明確化)


1 個人情報等の利用目的を明確にし、その目的の範囲内で利用します。

(目的外利用の制限)

2 あらかじめ本人の同意がある場合や法令に定めがある場合を除き、個人情報等の利用目的以外の利用や、個人情報ファイルおよび特定個人情報ファイル(以下「個人情報ファイル等」という。)の第三者への提供を行いません。

(特定個人情報における関係法令・ガイドライン等の遵守)

3 「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」および「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、特定個人情報の適正な取り扱いを行います。

(安全管理措置に関する事項)

4 個人情報等の安全管理措置に関して「個人情報取扱規程」を定め、個人情報ファイル等への不正アクセスおよび個人情報等の漏洩、滅失、毀損、改竄等の防止のために必要な措置を講じます。
なお、個人情報等の取り扱いにおいて第三者へ業務を委託する場合は、事前に十分な管理体制を有する委託先を選定し、規程、マニュアル類を定め、必要かつ適切な指導、監督を行うものとします。

(適正な管理)

5 個人情報等を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

(開示、訂正、削除等)

6 個人情報等について開示、訂正、削除を求められたときは、個人情報保護法等の定めるところにより、対応します。

(改善)

7 個人情報等が適正に取り扱われるよう、継続的な改善に取り組みます。また、改善した内容を本方針に随時反映し、役員および従業員に周知、徹底するとともに、教育、啓発に努め、個人情報等保護意識の維持向上を図ります。